創業時はリスクを少なくお金を借りるいい機会です。 手元資金を潤沢にすることにより、本業に集中し、最高のスタートをきりましょう。 関口達也税理士事務所では起業・開業のお客様をメインとしておりますが、 お客様とお話しする中で意外と勘違いされていると感じられる「創業融資を申し込むタイミングと申込金額」について、ご説明いたします。

札幌で創業融資を申し込むベストなタイミングとは

創業融資を申し込むタイミングは事業形態により下記のタイミングがベストです。

個人事業主税務署に開業届を提出した直後
法人法人の設立登記完了直後

開業直後の申し込みがいい理由について

創業融資は会社設立(事業開始)後2期目の決算までが申請期限とされていますが、申請のベストタイミングは設立(開業)直後となります。 その理由は、設立(開業)直後であれば、ある程度の自己資金と事業計画(+その業界での経験)があれば金融機関が積極的に融資をするためです。

逆に2期目の決算間近のタイミングですと、1期目の決算内容及び2期目の試算表の数字といった過去の実績を基に融資の可否が決定されるため、 業績が芳しくない(このタイミングで融資希望ということはそうだと思われます)場合には創業融資を断られる可能性が高くなります。

基本的に金融機関は「晴れの日に傘を貸して雨の日に取り上げる」企業であり、業績が芳しくない際の融資審査は厳しくなります。 開業時の事業計画が順調にいけばいいのですが、うまくいかないことも念頭に入れ、借りられるタイミングで手元資金を厚くしておくことをおすすめしております。

札幌における創業融資の適切な申込金額とは

創業融資では、その事業に実際に必要な金額とその金額が申込者の状況にとって適切なのか等を総合的に審査します。 融資限度額は、例えば公庫であれば3,000万円(運転資金1,500万円)となっていますが、実際に創業融資で通る金額は1,000万円以下になることがほとんどです。 ですので、初期の設備投資にお金のかかる飲食店等であっても、申込金額は1000万円以下にするのが現実的です

また、運転資金については月商(月の売上)又は月の経費額の3か月分程度が目安とされています。 もちろん、自己資金が潤沢であったり、担保になる資産を保有している、特殊技能がある等の個別要素があれば上記以上の申込額でも十分審査が通ります。

札幌で創業融資の申請で迷った方へ

創業融資は通常何度も申請する方はいないため、起業家の方は分からないことだらけだと思われます。起業・開業に力を入れている関口達也税理士事務所では、創業融資サポートにも力を入れています。創業融資や会社設立に関してご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。