創業融資面談のポイント

創業融資面談は一発勝負となります。上手くできなかったので別の支店で再審査という訳にはいきません。

ただ、そうはいってもやはり面接は緊張してしまいます。過度の緊張は強張った表情につながり、担当者目線で「この起業家は自信がなさそうだな、信用できるかな」と不審がられてしまう可能性があります。

面談で過度に緊張をせず、失敗しないためにはやはり事前準備が肝心です。創業計画書を納得のいくものに仕上げ、面談でよく質問される内容に対する答えをまとめておくなどの事前準備によって、自信が生まれます。

また、下記は面談で成功するために多くの方が準備・心がけている内容になります。

  • 創業計画書の内容を自分で深掘りしてみる
  • 面談でよく聞かれる内容の回答方法を予めまとめておく
  • 質問に対して嘘はつかず、余計なことは言わず、一人で話し過ぎない

創業融資面談でよく聞かれる質問事項

創業融資面談で聞かれる内容はある程度決まっています。突き詰めれば、融資した場合に遅延なくきちんとお金を返してくれる人か判断したい、という観点からの質問になります。

下記の質問内容は代表的なものになりますので、最低限下記質問内容に対する回答は予めイメージしておきましょう。当然ですが、提出する創業計画書の内容に沿った回答になるよう注意してください。

  • 自己資金はどうやって貯めたのか
  • 公共料金、家賃等の支払いはどうしているか。支払遅延はないか
  • なぜこの事業を始めようと思ったのか
  • 創業しようとしている事業での経験はどのくらいあるのか
  • 今までに事業経験はあるか
  • 自社の強みは何か
  • 想定する月・年の売上・経費はどれくらいか
  • 事業計画書の売上・経費の根拠は

創業融資サポートを弊事務所に依頼するメリット

代表の関口は新卒時代、日本を代表する大手企業の面接を全てクリアしています。その面接ノウハウを創業融資面談でも活かして頂くため、、関口自身が起業家の方の面談対策のサポートを直接させて頂きます。

お問合せフォームはこちら