コロナウイルス関連のニュースを見ない日はありません。影響を受けない企業は皆無と言っていいでしょう。ぼく自身も開業後にセミナー等による集客を計画していたのですが、自粛を余儀なくされています。ホームページからのお問合せ、お待ちしております。

本日は新型コロナウイルスに対する融資制度をまとめてみます。

日本政策金融公庫の特別貸付

ぼく自身で融資担当者に諸条件を確認したうえでお客様にすすめています。今回は利率も低く、融資条件も緩く、対応も早いです。直近で日本政策金融公庫から融資を受けていた場合でも再度融資申請が通る可能性があるため、資金繰りのために融資を考えている経営者の方はまず公庫を検討してみましょう

要件

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業績悪化となっており、下記に該当すること。

<業歴1年1か月以上の方>
最近1か月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方

<業歴3か月以上1年1か月未満の場合>
最近1か月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方
 ①過去3か月(最近1か月を含む)の平均売上高
 ②令和元年12月の売上高
 ③令和元年10月から12月の平均売上高

資金の用途は運転資金だけでなく、設備投資も可。但し、業歴3か月未満の場合は今回の特別融資の対象外となり、融資担当者から他の既存の融資制度がすすめられます。ですので、金利も上がります。

融資限度額

別枠6,000万円

金利

当初3年間は0.46%、その後1.36%

※実質無利子化についてはまだ要件等が確定していません。

申し込み方法

日本政策金融公庫札幌支店も現在窓口が非常に混んでいました。そのため、ぼくが確認したときは予めのアポイントメントは受け付けておらず、直接窓口に来てもらっているようでした。ただ、経営者の方は時間もないですし、何よりこんなタイミングで人混みの中待ち続けるのは苦痛です。

ですので、まず申請書類等を窓口へ郵送し、後日担当者から面談に関する電話が来るのを待つ方式がおすすめです。書類が到着後、概ね1週間ほどで電話がきて、面談後1~2週間ほどで融資が受けられます。

必要書類はこちらから取得してください。

担当者へ確認したところ、全ての書類が必ずいるわけではなく、最低「借入申込書」があれば、あとは面談の際に追加要求するとのことです。「借入申込書」以外は、その会社の状況を担当者が面談時に質問しやすくするために必要なイメージでした。

新型コロナウイルスが収まるのがいつになるのか全く予想ができません。資金繰りが苦しくなることが予想される小規模事業者は早めに融資の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。