経理に限ったことではありませんが、業務効率化を語る上でショートカットキーの利用は欠かせません。マウスを使用したパソコン操作よりも数段早く、例えば一日30分効率アップできれば、年間100時間以上の労働時間を削減できます。

ある外資系企業はショートカットキー習熟のために、新入社員に対してマウスの使用を禁止する期間を設けているほど、効率化を求める上では必須事項です。もちろん、マウスを使用したほうが楽な場面もありますが、汎用的な動作についてはショートカットキーで済ませるようチャレンジしてみてもいいと思います。今回はWindowsを使用する中で特に使い勝手のいい重要ショートカットキーを記載します。いきなり全部を使いこなすのは難しいですが、使用頻度が高い内容から徐々に慣れていってください。

汎用的なショートカットキー

Ctr + PageUp(or PageDown)

 タブを移動できます。

PageUp(or PageDown)

 下方向(or上方向)へWindow分移動できます。Shiftでも同様の効果があります。

Ctr + T

 新しいタブをブラウザで開けます。

 ※Ctr + Shift + T で誤って閉じたタブを復元できます。

Ctr + リンク先をクリック

 リンク先が新しいタブで開けます。

Alt + ←(or →)

Alt + Tab

 使用しているアプリの切り替え。いちいちタスクバーで切り替えするのは無駄です。

Window + D

 使用しているアプリを全て最小化します。

Window + ←(or →)

 アプリ画面を左半分(右半分)に寄せます。2つの画面を見ながら仕事をする際に使用します。

Window + ↑

 アプリ画面最大化

Alt + F4

 使用しているアプリを終了させることができます。

Ctr + L

 ブラウザの検索窓にカーソルを飛ばせます。

Windows + 数字

 タスクバーに配置したショートカットを開けます。左から順番に1,2,3で開けます。使用頻度の高いアプリはここから開くようにしましょう。いちいち全Windowを閉じてデスクトップからアプリを開くのは時間の無駄です。

Windows + E

 エクスプローラーを開けます。使用頻度が高いアプリはタスクバーに設置しますが、タスクバーより頻度が落ちるが使用するアプリをエクスプローラーに置いています。

Windows + L

 ロック

Tab

  カーソルを次の入力欄へ移動できます

Ctr + P

 印刷

Ctr + Shift + N(デスクトップやフォルダ内で)

 フォルダ作成

 今回はWindowsでのショートカットをご紹介しました。ExcelやOutlookでも有効なショートカットがあるため、機会があればまたご紹介しようと思います。

初めてショートカットを利用する際は頭の中でどのキーボードを使用するのか考えてしまうため、逆に時間がかかってしまうかもしれません。ただ、1週間ほど自分の中でショートカットキーの使用を義務付ければ、徐々に頭ではなく体(というか手)が反応するようになり、ショートカット使用が自然となり、業務改善につながるはずです。最初の1週間さえ乗り切れば、今後の財産になるため、是非チャレンジしてみてください。